【IllustratorのPDF作成について】
 
【Illustratorの設定】
・必ず最新バージョンをお使い下さい。 ・透明は使用しないで下さい
・文字を使用の際は、全てアウトライン化してください ・面付けはしないでください
【IllustratorによるPDF作成のための設定】 FOR Illustrator 9
《データ作成前》 
・カラー設定 ・効果
《データ作成後》
・画像がある場合 ・アウトプット値の確認
【IllustratorによるPDF作成のための設定】 FOR Illustrator 10
《データ作成前》
・カラー設定 ・画像解像度
・効果
《データ作成後》
・画像の確認
【IllustratorによるPDF作成のための設定】 FOR Illustrator CS
《データ作成前》
・カラー設定 ・効果
【IllustratorによるPDF作成のための設定】 FOR Illustrator CS2
《データ作成前》
カラー設定 ・効果
 

・必ず最新バージョンをお使い下さい。

ご使用のIllustratorが最新版にアップデートされているかご確認願います。
各バージョンの最新版をご利用なさらずに作成されたデータの入稿等に関し て、不具合等が発生した場合、弊社では責任を負いかねますので、あらかじ めご了承下さい。
印刷結果にも問題がある状態で反映されてしまいますのでご注意願います。


・透明は使用しないで下さい

透明の効果を使用いたしますと、PDF変換の際や、出力・印刷の際のエラーの原因となりますので、使用されませんようお願い致します。


・文字を使用の際は、全てアウトライン化してください

弊社ではフォントがアウトライン化されていないデータはお受けしておりませんので、あらかじめご了承ください。


・面付けはしないでください

当社にて面付け作業をする際に問題が生じる場合がございますので、ページ物の場合でも、写真集の場合は見開きの状態、書籍の場合は単ページで作成願います。

※各バージョンごとの設定詳細、確認事項について

・カラー設定

「ファイル」→「書類のカラーモード」→「CMYKカラー」、又は「RGBカラー」のどちらかに設定する

※弊社ではCMYK、RGBのどちらにも対応可能ですが、画像、 文字、及びロゴ等、全てのデータをここで設定したCMYK、 又はRGBのどちらか一方に統一してください。
但し、CMYKは法人様(出版社様など)のみ対応可能です。
※Illustrator 9で「CMYKカラー」に設定、保存しても、再度 開きなおすと「RGBカラー」に
戻ってしまう場合はこちらをご参照願います。



・効果

「効果」→「ラスタライズ」→「ラスター効果設定」を開き、解 像度が適切な値になっているか確認する

※弊社では300ppi~350ppi(又はそれ以上)を推奨致しております。お客様のデータの仕上がり品質、イメージに応じて解像度 の設定を行ってください。

※このオプションを変更する事でIllustratorはアピアランスを再 設定する場合があります。この際Illustratorがアピアランスの 再設定に失敗する事がありますので、書類作成の最初に変更さ れることをおすすめ致します。

※ラスター効果設定の値を変更する事で現在適用されているアピ アランス(効果)に影響を与えるため、弊社ではお客様から入 稿いただいたデータの値を変更することはできません。あらか じめご了承願います。


・画像がある場合

リンクパレットを開き(リンクして配置した画像がある場合)、 リンクパレットで黄色の四角マークがついている画像をリンクパレットで「画像を埋め込み」を選択して画像を埋め込む
※黄色の四角マークがついているものは画像の埋め込みが必要です。


・アウトプット値の確認

全てのオブジェクトを選択し、属性パレットのアウトプットの値を確認し、アウトプウトの値が空欄、又は300などの場合は 800以上の値を入力する
※Photoshop(ESP)を埋め込む際にクリッピングマスク(クリッピングパス)を使用している場合、クリッピングマスクのアウトプットの値が低く変更されていることがあります。この値が低いままですと、マスク(パス)が滑らかに出力されませんのでご注意下さい。

※各バージョンごとの設定詳細、確認事項について

・カラー設定

PDF入稿データは、編集作業をすることができませんので、不要な部品(コメントなど)がトンボの外側にあると、 面付け(データ貼り込み)などの作業の際に問題が発生する場合がございます。


・画像解像度

弊社では、ガイドやあたり罫、トンボ等実際印刷されては ならないものに関しましては、全て非表示の状態で入稿いただけますようお願い致します。色玉なども不要ですので、
表示されていないかご確認願います。


・効果

PSプリンタドライバ、又は各アプリケーションのPostScript・EPSファイルの書き出し機能を使用してPostScript・EPSファイル を作成し、このファイルをAcrobat DistillerでPDFに変換する方法


・画像の確認

「別名で保存」「データ書き出し」などの各アプリケーションのメニューからPDF形式で保存する方法


※各バージョンごとの設定詳細、確認事項について

・カラー設定

「ファイル」→「書類のカラーモード」→「CMYKカラー」、 又は「RGBカラー」のどちらかに設定する

※弊社ではCMYK、RGBのどちらにも対応可能ですが、画像、文字、及びロゴ等、全てのデータをここで設定したCMYK、又はRGBのどちらか一方に統一してください。
但し、CMYKは法人様(出版社様など)のみ対応可能です。


・効果

「効果」→「書類のラスタライズ効果設定」を開き、解像度が適 切な値になっているか確認する

※弊社では300ppi~350ppi(又はそれ以上)を推奨致しております。
お客様のデータの仕上がり品質、イメージに応じて解像度 の設定を行ってください。

※このオプションを変更する事でIllustratorはアピアランスを再 設定する場合があります。
この際Illustratorがアピアランスの再設定に失敗する事がありますので、書類作成の最初に変更さ れることをおすすめ致します。

※ラスタライズ効果設定の値を変更する事で現在適用されているアピアランス(効果)に影響を与えるため、弊社ではお客様から入稿いただいたデータの値を変更することはできません。あらかじめご了承願います。


※各バージョンごとの設定詳細、確認事項について

・カラー設定

「ファイル」→「ドキュメントのカラーモード」→「CMYKカラー」、又は「RGBカラー」のどちらかに設定する

※弊社ではCMYK、RGBのどちらにも対応可能ですが、画像、文字、及びロゴ等、全てのデータをここで設定したCMYK、又はRGBのどちらか一方に統一してください。
但し、CMYKは法人様(出版社様など)のみ対応可能です。


・効果

「効果」→「ドキュメントのラスタライズ効果設定」を開き、解像度が適切な値になっているか確認する

※弊社では300ppi~350ppi(又はそれ以上)を推奨致しております。
お客様のデータの仕上がり品質、イメージに応じて解像度の設定を行ってください。

※このオプションを変更する事でIllustratorはアピアランスを再設定する場合があります。
この際Illustratorがアピアランスの 再設定に失敗する事がありますので、書類作成の最初に変更されることをおすすめ致します。

※ラスタライズ効果設定の値を変更する事で現在適用されているアピアランス(効果)に影響を与えるため、弊社ではお客様から入稿いただいたデータの値を変更することはできません。あらかじめご了承願います。