【PhotoshopのPDF作成について】
【Photoshopの設定】
・必ず最新バージョンをお使い下さい。 ・色設定について
・画像の解像度について ・アルファチャンネルの情報削除について
・クリッピングパス(マスク)の平滑度について ・透明は使用しないで下さい
・面付けはしないでください
【Photoshop ESPの設定】
・ESP保存時のオプション ・ベクトルデータは残さないで下さい

・必ず最新バージョンをお使い下さい。

ご使用のPhotoshopが最新版にアップデートされているかご確認願います。
各バージョンの最新版をご利用なさらずに作成されたデータの入稿等に関して、不具合等が発生した場合、弊社では責任を負いかねますので、あらかじめご了承下さい。
印刷結果にも問題がある状態で反映されてしまいますのでご注意願います。


・色設定について

弊社ではCMYK、RGBのどちらにも対応可能ですが、画像、文字、及び ロゴ等、全てのデータをここで設定したCMYK、又はRGBのどちらか一方に統一してください。
但し、CMYKは法人様(出版社様など)のみ対応可能です。


・画像の解像度について

・弊社では、解像度300~350dpi程度を推奨致しております。
高すぎる解像度はデータが大きくなるだけで品質の向上にはほどんど影響しません。低すぎる解像度はギザギザの状態(ジャギー)を発生させます。

・解像度の低い画像を「画像の再サンプル」にチェックを入れて解像度を上げてもほとんど効果はありません。(ギザギザの感じをぼやけた感じにする程度には有効です。)最初から高い解像度で取り込んだものをご用意下さい。

※デジタルカメラの画像は、初期値が72dpiになっているものが多いのでご注意願います。


・アルファチャンネルの情報削除について

カラーチャンネルの情報にアルファチャンネルが残らないよう、アルファチャンネルの情報は削除してください。残っていますと、印刷時にカラーが変化する場合がありますのでご注意願います。


・クリッピングパス(マスク)の平滑度について

・クリッピングパス(クリッピングマスク)の平滑度は数値を入力しないで下さい。平滑度の数値が大きい場合、直線的に切り抜かれたり、滑らかに切り抜かれない場合がございますのでご注意下さい。
※平滑度は空欄にしておくと最も滑らかな曲線になります。


・透明は使用しないで下さい

透明の効果を使用いたしますと、PDF変換の際や、出力・印刷の際のエラーの原因となりますので、使用されませんようお願い致します。


・面付けはしないでください

当社にて面付け作業をする際に問題が生じる場合がございますので、ページ物の場合でも、写真集の場合は見開きの状態、書籍の場合は単ページで作成願います。


・ESP保存時のオプション

画像をESP保存する際に、「ハーフトーンスクリーン情報を含める」「トランスファ関数を含める」「ポストスクリプトカラー管理」等にチェックが入っている場合、お客様の意図した通りに出力されないことがございますのでご注意下さい


・ベクトルデータは残さないで下さい

Photoshop 6以降、文字データやシェイプ(ベクトルレイヤー)を残したままESP保存する事が可能になっています。このESPデータは再度開く際、ラスタライズされてしまいますので、エラーが発生した場合に弊社で対処する事ができません。文字データ、ベクトルデータは残らないよう画像を統合した後に保存願います。

※レイヤーパレットから「画像を統合」を選択し、ESP保存前に画像を統合してください。また、保存時にESPオプションで「ベクトルデータを含める」のチェックを外して下さい。